新世紀住宅のキーワード 高気密・高断熱・計画換気

結露を起こさない住宅づくり 高断熱住宅

結露を起こさないポイントは

人間にとって不快であるばかりか、アレルギーの原因となるカビやダニなどの繁殖を促し、さらには住宅の寿命そのものも縮めてしまう結露。生活と住宅の様式が変わった今では、結露対策こそ緊急かつ重要な課題です。

結露を防ぐには気密性を高めると共に、住いの断熱性を高めることも必要です。
断熱性と聞くと多くの人が「断熱材を多く入れればいい」と思いがちですが、実は結露を防ぐ上でポイントとなるのは、断熱材の最高厚ではなくて最低厚なのです。ある部分にたっぷりの断熱材を使用していても、他に断熱性能が低いところがあれば、そこに集中して壁内結露が発生します。

この熱的に弱い部分をサーマルブリッジ(熱橋)と言い、このサーマルブリッジを作らないような工夫をすれば、躯体に結露が発生する心配なくなります。

均一な断熱=結露しない 厚みバラバラ=結露する
均一な断熱=結露しない 厚みバラバラ=結露する
Q値とは建物の内外の温度が1C°の時に、建物から逃げる熱量を床面積で割った値。Q値が小さいほど熱損失が少ないといえる。住宅の快適さは、ただ平均値としてのQ値が小さいことよりも、断熱性能のバラツキ(分散)に着目すること

Q値にまどわされないように

現在、高断熱住宅の定義には国土交通省が設定している次世代省エネルギー基準のQ値(熱損失係数)を用いるのが普通です。Q値は、建物の内部と外気の温度差を1℃としたときに、建物内部から外部へ逃げる時間当たりの熱量を床面積当りの数値で示したもので、その目標数値は地域ごとに定められています。このQ値が小さいほど外部に熱が伝わりにくくなるわけです。

ということは「Q値が小さいほど断熱が優れていて、結露が起こらないとか、快適ではないか」と思いがちですが、実はそう簡単なものではなくて、Q値が小さくても、結露を起こし、家が腐ってしまうこともあるのです。というのも定められているQ値の基準は家全体の平均値であり、場所によって断熱性が高かったり低かったりすると、断熱性能の低い部分(=温度の低い部分)に壁内結露を起こしかねないからです。

やはり断熱で大切なのは、前述のようにサーマルブリッジを作らないことですから、何よりも"均一な断熱性能にこだわりたいものです。

  • 参考情報:地域別熱欠損係数(次世代省エネ基準)
  • BACKNEXT